2017/10/05

- FOR SALE - 58`PANHEAD CHOPPER Work in progress


エンジンオーバーホールへと入った販売中の
58`パンチョッパー。

各パーツを分解/一時洗浄し、各部組み上げに入る前の段階で
写真に収めましたので、各パーツのマッチングなどを含め
ご紹介していきたいと思います。



フライウィール/コンロッド共に純正。
今までのリビルド回数も少なく、ロッドの歪みも無く
クランクピン、ギアシャフト、スプロケットシャフトの減り等も
既定値内です。
フライウィールはスプロケット側が57年の後期スタンプ。
カム側は58年3月のスタンプで、工場出荷のままの構成と推測します。




打ちかえ無しの純正VINナンバー。
左右のベリーナンバーもマッチングのケースです。

そして、こちらの58FLH。
58年当時の生産台数は195台のみ。

1958年のハーレーの生産総台数は12676台。
その中でパンヘッドのビッグツインは6038台。
ちなみにFLHはFLのラインナップの中でも、一番生産の少ないモデルでした。
当時FLHは、FLと比べコンプレッションが高く
パフォーマンスモデルとしてラインナップされたモデルで
なかなかお目に掛かれません。


55品番のレフトケースは57年12月製造。
58品番のライトサイドも同じく57年スタンプ。
こちらも年式マッチングとなります。


次にシリンダーですが、共に58年デイトコード。
15と19の品番も確認できますが、こちらは一般的には
製造の週/ロットと判別されます。

前後とも純正シリンダーでピストンは.002オーバーが入っていましたので
今までのオーバーホール履歴は1回のみであると言えます。
オーバーホールするごとにシリンダーは削られて薄くなっていきますので
この様な状態のシリンダーは貴重です。フィン欠けも皆無です。

ヘッド関係も58年のマッチング。
フィンかけクラックなどもありません。


56品番のヘッドはパンカバー内側にデイトコードがあり
こちらは57年の後期製造スタンプです。
純正ロッカーアームも大きな減りもありません。


オリジナルカムカバー。
こちらはジェネレーターボルト穴に1ッ箇所クラックがありましたので、
修正致しました。この後、ブッシングの点検へと入ります。


バルブも当時の純正バルブのままでした。
カムはFLH仕様の純正'H'カムです。


純正タペットブロック。
タペットローラーは、必ず新たに打ちかえです。
BGでは日本製のベアリングを使用し打ちかえています。

キャブはリンカートM74Bのオールドクローム。
フルクローム仕様の物は当時ショーバイク等に多く
このパンヘッドもペイントやモールディング等
当時、相当なカスタムビルドされていたチョッパーだった事が伺えます。



現在は腰下のフライウィールバランシングを終え
ケース側カムブッシュの入れ替え等を終えました。


この後ミッションも同様にフレームから降ろしオーバーホールへと入ります。



1971年ビルドの当時の本物のパンヘッドチョッパーです。
ブルーグルーブのアメリカ買付でも
この様な1台には中々巡り合わない物です。

気になる方は是非お問い合わせ下さい。

乗りだし価格や詳細などはお問い合わせ下さい。

info@blue-groove.com
0467-38-7080


また、現在お乗りの車両の下取り、遠方のお客様へのデリバリー納車等についてや
ローンの事前審査等も、ご来店される事無く
メールやお電話にてお手続きが可能となっております。
こちらも合わせてお問い合わせ下さいませ。


それでは、ご来店、お問い合わせお待ちいたしております。

BLUE GROOVE
〒247-0064
神奈川県鎌倉市寺分214-104
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*オートバイクレジット2.9% ~ 120回払い各種お取扱いしています。
*ローン事前審査はご来店時に約30分で完了。
*遠方のお客様もメールとお電話にて審査申し込みが可能です。
*現在お乗りの車両の下取りが可能です。
*遠方納車も致します。
*納車時にエンジン始動や、各取り扱い方法などレクチャーさせて頂きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿